男性

公認会計士になるためには勉強内容を知っておくことが必要です

このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強の方法

文房具

専門学校には様々な勉強方法があります。そのため、専門学校に通う際には自分に適している勉強方法を見つけることが大事です。例えば、通信という勉強方法なら自宅で講習が受けられます。

もっと詳しく

併修というもう一つの学び

ウーマン

専門学校の中には、通信制大学や通信制短大などと併修することで、専門学校卒業に加え、大卒または短大卒の学歴を手に入れることができることもあります。通常、専門学校では「専門士」または「高度専門士」などといった称号が与えられますが、併修することで大卒になれば「学士」、短大卒になれば「短期大学士」の学位を得ることができます。また、就職活動や資格試験において「大卒以上」の条件がある場合も、専門学校と通信制大学の両方を卒業すれば応募したり受験したりすることができます。更には、大学院への進学の道も開かれ、より高度な研究をすることを目指すこともできます。専門学校では即戦力的な知識・技術を、併修する通信制大学・短大では深い専門性や教養を得ることができる点は大きなメリットと考えられるでしょう。公認会計士の資格を取得するには、専門士などの基準が存在するので覚えておきましょう。そうでないと、公認会計士になるための試験基準を越えてないので、試験を受けることすらできないのです。

一方で、通信制大学・短大と併修することで修得する科目数や単位数が増え、学習面ではかなりタイトなスケジュールになる場合もあります。もちろん、通信制大学・短大の科目を専門学校の科目として読み換えられることがあったり、勉強サポートの体制を整えていることも多くあります。とはいえ、学生自身の努力も必要になるので計画的に学習を進めていくことが大事になります。通常、併修制度をとっている場合で専門学校の卒業要件は満たせたが通信制大学・短大の卒業要件を満たせない場合は、ひとまず専門学校を卒業し、通信制大学・短大の方は勉強を続けることができます。しかし専門学校を卒業してしまうと併修する上でのサポートを利用することができない場合もありますので、事前によく調べておくか学校側と相談してみるといいでしょう。

国家資格への登竜門

文房具を持つ人

簿記の最高峰に位置する日商簿記1級は独学で学ぶこともできます。しかし3級や2級の内容を暗記ではなく内容をきちんと理解していることが前提となります。また1級は配点が合格率を一定にさせるように設定されている難しさもあります。

もっと詳しく

資格取得と学習

女性

資格取得を目指す場合、効率的な学習方法として通信講座の活用がある。専門学校などに通う場合には、授業の時間に合わせる必要などがあるが、通信教育では自宅にいながら学習できる。さらに、ネット活用により効率化も進んでいる。

もっと詳しく